多言語ミュージアムガイドアプリ(常設展音声ガイド)の運用開始について

名古屋市美術館では、ブラザー工業株式会社ご協力のもと、多言語ミュージアムガイドアプリ「Multilingual Museum Guide(マルチリンガルミュージアムガイド)」を導入いたします。7月10日(土)からご利用いただけます。
Multilingual Museum Guideは、来館者が自身のスマートフォンやタブレット端末で、館内を見学しながら展示作品の解説を視聴できる、無料の音声ガイドアプリです。iOS/Androidに対応しており、名古屋市科学館にも提供されています(一つのアプリで当館と名古屋市科学館の両施設の音声ガイドを利用できるようになっています)。また、一度ダウンロードすれば館外でも解説を視聴できます。
今回の導入にあたり、当館が収蔵する代表的な作品のうち86作品の解説を収録しました。対象となる作品の近くに掲示された4桁のコードを入力すると、日本語または英語で解説を視聴できるしくみとなっています。

なお、展示室内での視聴にあたっては、他のお客様のご迷惑にならないよう、イヤホン等をご利用ください(イヤホン等の貸出は行っておりませんので、ご自身で事前にご用意ください)。

      
     ※アプリ画像(例) <左:日本語/右:英語>

〈ダウンロードはこちらから〉
https://www.brotherearth.com/e/museum-guide/ 【外部リンク】