「シャガール展 三次元の世界」5万人達成!

開催中の「シャガール展 三次元の世界」の入場者数が2月10日に5万人を達成しました。
記念すべき5万人目は大口町在住の中野みらのさんで、母親の雅代さんと一緒にご来館されました。当館の早瀬弘親館長から、シャガールのレプリカ画と展覧会の図録が贈られました。

「シャガール展 三次元の世界」では、シャガールお馴染みの絵画に加え、珍しい陶器や彫刻など立体作品も紹介しており、日本初公開の作品が多数あります。
「シャガール芸術の新たな魅力に触れられた!」「楽しかった!」など、長年のシャガールファンの大人の方から、初めてシャガールをご覧になった小さなお子さままで、幅広い年代の皆様にご好評いただいております。
会期末(2月18日)が近づき、日ましに会場が混雑してきました。お早目のご観覧をお勧めします。

2月18日(日)まで。2月12日(月・休)は開館し、2月13日(火)は休館します。