常設展「名品コレクション展Ⅱ(前期)」開催中です 会期:7/30~10/23

掲載日:2016年07月30日

名古屋市美術館では、7月30日(土)より常設展示室にて「名品コレクション展Ⅱ(前期)」を開催しております。

会期:平成28年7月30日(土曜日)から10月23日(日曜日)
開館時間:午前9時30分から午後5時、金曜日は午後8時まで
入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし、8月15日、8月29日、10月11日、10月17日は開館)
観覧料:一般 300円、高大生 200円、中学生以下 無料、市内在住の65才以上の方 100円
※8月11日からは特別展の観覧券でも入場できます。

【名品コレクション展Ⅱ(前期)】
エコール・ド・パリ、メキシコ・ルネサンス、郷土の美術、現代の美術という4つの部門で構成。現在5,800点あまりの所蔵作品の中から、会期ごとのテーマに合わせて展示しています。また、毎日、午前11時と午後2時には、当館のボランティアによるギャラリートークを実施しています。

【テーマ】
エコール・ド・パリ:シャガールの版画「寓話」より
メキシコ・ルネサンス:メキシコへの旅
現代の美術:時間の旅
郷土の美術:エグザイル 自由への旅ー〈琉氓ユダヤ〉と〈北満のエミグラント〉

「あいちトリエンナーレ2016 国際展」

会期:2016年8月11日(木・祝)~10月23日(日)[74日間]
月曜日休館(祝日の場合は翌平日)
※8月15日・29日、10月11日・17日を除く
時間:午前9:30~午後5:00、金曜日は午後8:00まで
※入場は閉館の30分前まで
国際展チケット:一般(会期中販売券)1,800円
大学生(会期中販売券)1,300円
高校生(会期中販売券)700円